Saturday, April 26, 2008

レイソル茂原選手の逮捕がもたらすチームの危機はレイソル首脳陣の責任問題

今シーズン、茂原選手が柏レイソルに復帰してからこういうことを恐れていた。前回の逮捕から2年が経過して、その間で本人は改心したと判断されたんだろうけど、犯罪の内容は性癖で再発するような危険性を感じていた。

こういうことが起こると、柏レイソルに大きな影響がもたらされる。まず、日本代表候補に選ばれたように、レイソルでは主力でありかつゲームを組み立てる要の存在になっていた。彼が抜けると戦力として大きな痛手である。補強の一角を担っていた選手がこういう自体を引き起こし、今シーズンの行方に暗雲をもたらしている。レイソルの選手層の薄さを考えれば、こういうリスキーなことはそもそもやるべきではなかったと思う。そこはレイソル首脳陣の責任だ。

柏レイソルは大好きなんだけど正直、彼の加入で日立台での応援には気が進まず、これまで一試合も応援に行ってない。茂原選手と彼を応援している人には申し訳ないが、これで思いっきりレイソルを応援できそうなのは自分にとっては皮肉なことだ。

Wednesday, April 23, 2008

「ネットに悪口書かれた」流山市の中学生、バットで殴られ重体

“プロフ”に悪口を書かれたとして17歳無職の少年が中学生をバットで殴って重体になる怪我を負わせたというショッキングなニュースが流れていたが、朝日新聞の夕刊によると流山市の中学生のようだ。おりしも本日南部中ではPTA総会が開かれていて、このニュースが話題に上っていたそうだ。
インターネットによって、子供たちの付き合いの範囲が広がっていて、こういう思っても見ないようなことが起こってしまう。未成年者へのネット利用を強制的に制限するよりも、ネットへの接し方、他人への接し方を教育することが先に必要ではないかと思う。

「asahi.com:「ネットに悪口書かれた」 中学生、バットで殴られ重体 - 社会」